WikiScannerが暴く改ざんの数々

Wikiscanner(ウィキスキャナー)が開発され、その日本語版が出ました。WikiscannerはWikipedia上の情報の書き換えをした人のIPアドレス記録と、企業や政府機関などのIPアドレスのつきあわせを行なう検索サービスです。

Wikipediaは誰でも匿名で記事を立ち上げることができます。また、既存の記事に誰でも加筆することができます。しかし、このことが記事の当事者による改ざんや敵対者への中傷誹謗、記事の削除などが行われることが避けられません。


WikiScannerってこんなソフト


どの組織がウィキペディアを編集しているのかをクリックしてみてください。日本語版WikiScannerが開きます。
ちょっと使いにくそうでしょう? まずは【ユーザーから提供された組織】のボックスの中から興味のある企業や組織名をクリックするのがとっつきやすいでしょうね。

WikiScannerで分かる過去の加筆


たとえば、"sony.co.jp" を選んでみましょう。検索結果が示されます。これがこのIPアドレスから行われた書き換えです。5行めに"3年B組金八先生"なんてありますね。では、内容を確認しましょう。"diff"欄の数字"1444383"をクリックです。画面の上半分に書き換えが行われた箇所が表示されます。

カーソルを少し送ると"サイボーグ009"への書込みが多いですね。例えば、"2068986"をクリックしてみてください。ねっ、熱心な書込みがされているでしょう。これが"sony.co.jp"のパソコンのIPアドレス"137.153.0.37" から行われています。

WikiScannerにドキッとしてる人たち


企業や政府機関が盛んに加筆したり、削除している実態が判明しつつあります。これ、書いた人はドキドキでしょうね。PCはほとんどの企業で個人管理でしょうから、企業内では個人名を特定できるわけです。

組織的に改ざんが行われているケースも明らかとなってきました。これが今、話題なのです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。